プロフィール

からこと

Author:からこと
『からだにいいこと』は全国の書店で、毎月16日(近畿・東海は15日)に好評発売中!ダイエット・健康の情報をはじめ、編集部が最近気になっていることを気ままにレポートします!
http://www.shodensha.co.jp/karakoto/

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーガニック料理ソムリエ講座に参加しました

こんにちは。山下亮です。
7月に日本オーガニックライフ協会が実施している、オーガニック料理ソムリエの認定講座に行ってきました。

からだにいいこと編集部では、今年の1月に「おうちで乾物イタリアン」という本を作りました。私はその本づくりのコーディネートをしたのですが、その過程で乾物がとても健康的で便利な食材かを実感しました。
それまでは、自分で料理は多少するものの、乾物はなんとなく手間がかかるという印象があり、使ったことはほとんど無かったのですが、一度使ってみると、調理前に水につけておくだけで使えるとか、案外簡単に使えることを実感したのです。
そして、山のものと海のものを、天然の状態を活かして乾燥などをすることで、日持ちして、いつでも少しずつ使える、そして何より添加物を使わないので安心で、素材の味や食べ応えが存分に活かされる素晴らしい食材だと気づいたのです。また、乾物は和食の雰囲気がしていたのですが、実際は素材に味付けがされているわけではないので、イタリアンなどでもおいしく使えるのです。

そんなことで、『からだにいいこと』をしていながら、自分の食における無知を知り、乾物をできるだけ使ってみようと思っていたところで、以前にイベントを一緒にしたことがある、はりまや佳子さんからオーガニック料理の講座をやっていることを教えてもらい、これはタイミングと思い、もっと食と健康について知ろう、受講の申し込みをしました。

この講座では、オーガニックの考え方、歴史、そして食材の選び方や使い方を学びます。最後に認定試験を受けて、オーガニック料理ソムリエの認定資格がもらえるというものです。朝の10時から18時までで1日で完了するところはよいところです。

朝10時に、東京・銀座の会場の「キレイ料理レストランG&V」に行きました。

1_20150829091037c0e.jpg 2_201508290910385c6.jpg
<会場のレストラン> <オーガニック食材もいろいろあります>

このときは、私以外は女性ばかりで、20代から私と同じぐらいの年代の方がいます。友人と来ている方もいますが、ほとんどは一人でいらっしゃっています。来ている動機も、よりオーガニックな食材を使ったら体によさそうなので、もっとよく知って日々の生活に役立てたいという方、食の仕事に関わる方、ハーブなどオーガニック食に近い仕事をしている方などいろいろです。

10時になって講座が始まりました。最初は、はりまや佳子先生がテキストに沿って話をしてくださいます。はりまや先生自身が、アメリカでパートナーのためにからだにいい食材を求めていったときのことなど、体験の話も交えてとてもおもしろいです。
食材や料理の話の前に、オーガニックの歴史や有機農業、オーガニック認証などの知識を分かりやすく説明してくれます。オーガニックの言葉は知っていても、その意味はよく知らなかったので、世界や日本の中で、オーガニックが注目されたり、普及していく中でこのような流れがあったのだと知ります。

3_20150829091039980.jpg
<テキストを使って勉強>

続いて、オーガニック料理についてです。食材や調味料、調理器具などについて知るとともに、オーガニック食材とそうでない食材の違いを実験で知ったり、包丁を使って切ってみたりします。

4_20150829091041e4c.jpg
<野菜を切ってみる>

次にレシピを考える時間です。季節と旬を考えながら、どの食材をどの調理方法によって、おいしくて健康によくてバラエティのあるレシピを考えます。レシピを考えるというのは難しいことのように思っていましたが、基本的な考え方をすれば結構シンプルなのだなと思いました。

5_20150829091042593.jpg
<グループでレシピを考える>

さらに、オーガニック野菜と栄養についてです。東洋医学的な考え方を中心にして、中国や日本の伝統的な医薬同源、食育などの流れや、世界の傾向について学びます。日本では、和食という食材を活かしてきた長い歴史があるので、食材の安全などについても、先進的ではないにしても、遅れてはいないと思っていたのですが、欧米と比べるとまだまだ普及していないことを知ります。

また、有機農法をはじめとするオーガニック食材の生産は、農産物を育む土や水、大地の環境にもつながる、ダイナミックな世界で、それを支えるのが、健康で安全な食を求める我々生活者の行動なのだなと思います。

最後に認定試験を受けました。これはここまでの話をしっかり聞いていれば、できる内容でした。(後日、合格のお知らせと認定証をいただきました)

6_2015082909105698a.jpg
<はりまや先生(前列左から2人目)と参加したみなさん>

最近、ファーマーズマーケットや、スーパー、道の駅などで生産者の顔が見える農産物などを売る店が増えていますが、そのようなところで野菜を見る目が変わりそうです。野菜作りにおける工夫やそそぐ愛情を想像したり、活き活きした野菜はどんな顔をしているかなど、野菜を見て、選んで、食べる楽しみができました。

今回の受講で学んだことで、より食に興味が湧きましたので、実際に作って食べる機会を増やしていこうと思います。
また、次は食材を作っている現場を体験したり話を聞くことで、多くの発見があるのだろうなと思います。この講座では、そのような機会もこれから提供してくださるようなので、また行きたいと思いました。
食について、個人的にも、『からだにいいこと』の展開を考えるにも、多くの気づきを得た1日でした。

オーガニック料理ソムリエの認定講座のHPはこちら
スポンサーサイト
『骨盤おしりリフレ』で毎日ケア! これが美を保つ秘訣です | ホーム | 第3回八重山トレイルレースに参加しました

コメント

コメントの投稿


管理者だけに表示を許可する
 

トラックバック

// : |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。