プロフィール

からこと

Author:からこと
『からだにいいこと』は全国の書店で、毎月16日(近畿・東海は15日)に好評発売中!ダイエット・健康の情報をはじめ、編集部が最近気になっていることを気ままにレポートします!
http://www.shodensha.co.jp/karakoto/

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4回大阪マラソンを走ってきました

こんにちは。山下亮です。
大阪・長居公園での「公園でからだにいいことDAY」の翌週末、ふたたび大阪へ。
10月26日(日)に「大阪マラソン」を走ってきました。4月にエントリーをしたところ抽選で当たったので、これは走らねばと参加しました。

■大阪マラソン前日

マラソン前日の土曜日、東京から大阪に新幹線で移動し、大阪南港にあるインテックス大阪へ。ここで前日までにゼッケンや参加賞のTシャツなどを受け取ります。

1_20150127231856034.jpg
<新幹線から見える富士山>

同じ大阪マラソンを走る大阪の友人とランナー受付で待ち合わせしました。ランナー受付ではすでに300メートル以上ありそうな長蛇の列です。さすがは約3万人が参加する大マラソンです。
友人が来たので、一緒に並んで、ゼッケン・靴につけてタイムを計測するICチップ・参加賞のTシャツ・翌日の荷物入れ袋(この袋に入れて、スタート地点からゴールに運んでもらう)などを受け取りました。その後は、企業、物販、チャリティーなどの巨大なブースが続いるので、見て回ります。

2_201501272318573f8.jpg
<ランナーの受付案内>

3_20150127231859ae5.jpg
<応援団長の森脇健児さん(右の人)のトークショウ>

4_20150127231853278.jpg
<受付会場>

5_20150127231854925.jpg
<受付後は協賛企業やチャリティー案内のブースへ>

6_2015012723192161b.jpg
<優勝トロフィーを飾っています>

その先の全国の名物などが並んだ巨大なフードコートでラーメンを食べて、友人とは翌日の健闘を誓いあって、私は神戸の実家に帰りました。

■大阪マラソン当日

神戸の実家を朝6時頃に出て大阪に向かいます。神戸のJR三ノ宮駅のホームで待っている人の半分ぐらいはマラソンランナーです。そして、大阪駅では、環状線の広いホームがマラソンランナーで埋まっています。電車の乗ったらランナーや応援する人ばかりの寿司詰め状態で、途中の駅で降りる人はいなくて、途中で乗りたい人も乗れません。4駅ほどで「大阪城公園駅」に到着。みんながどっと降りて、大阪城公園のスタート会場に向かいます。気持ちいい晴天ですが、マラソンを走るには少し暑いぐらいです。

7_20150127231923f99.jpg
<大阪城公園駅ホーム>

8_20150127231924b2c.jpg
<大阪城公園の会場へ向かう人たち>

9_201501272319269c6.jpg
<何度も見てしまう大阪城>

10_2015012723192716d.jpg
<着替えができたらトラックに荷物を預けます>

11_201501272321221db.jpg
<過去のタイム順にブロック分けされたスタート位置に移動>

12_201501272328230c7.jpg
<走る前の元気な私>

スタート30分前にスタート位置に到着です。まわりのランナーは写真を撮ったり、友人と話をしたり、準備運動をしたり。私も軽く体をほぐしながらスタートを待ちます。

9時になり、スタートです。号砲は聞こえませんが、前のほうから徐々に進んでいきます。最初は歩きで10分ぐらいでスタート地点を超えます。そのあたりからゆっくりジョギングのペースで走りだして、少しずつスピードを上げていきます。私も体調よく、飛ばしすぎてはいけないと抑えつつも、結構快調に走ります。

14_20150127232119324.jpg 15_20150127232120f06.jpg 16_20150127232146952.jpg 17_20150127232140daa.jpg
<名所の前を走ります(中央公会堂、大阪市役所、道頓堀のグリコ、南海なんば駅)>

5キロ、10キロ、20キロと順調に走ります。
ところが、25キロをすぎたあたりで、両脚の太もものあたりがピクッとしたのです。ちょっとゆっくり走ろうと思ったのもつかの間、両脚の太ももがつってしまいました。沿道のガードレールにもたれかかって脚をさすります。沿道にはずーっと応援の人がいて、おじさんやおばさんが「大丈夫か?ゆっくり走りな」と声をかけてくださります。「痛いですが、大丈夫です」とか言いながら、ゆっくり走りだします。

歩くようなペースなのですが、今度は太ももとふくらはぎが同時につります。またコースの端でじっと耐えます。沿道の方が「ここに座り」と広めのところを教えてくれたり、飴をくれたりします。脚をひきずりながらゆっくり進んでいると、「『からだにいいこと』がんばれ!」などと、私のTシャツを見て声をかけてくれる方も結構います。

しばらくは歩いたり止まったりの繰り返し。沿道のおっちゃんに「マラソンはからだにええんか?」と聞かれて「めっちゃ悪いです」と笑い合ったりします。快調に走っているときには、全然声をかけられなかったのが、傷んでペースダウンすると多くの人が励ましの声をかけてくれます。

30キロすぎぐらいから、ゆっくり走れるようになってきました。もはやタイムよりも完走できればよいという気持ちになっているので、沿道近くを走って、手を出してくださる方にはハイタッチをしながら進んでいきます。元気に「ばんばれ!」と手を出してくれたり、年配の方や子供がおずおずと手を出してくれるのを「ありがとう」とハイタッチすると、ニコッとしてくれるのは、本当に楽しく元気が出ます。

そして、32キロすぎに「まいどエイド」がきました。すごくたくさんの食べもののエイドが並んでいる名物ゾーンです。
好きなものがたくさんあって、たこ焼き、コロッケ、パイナップルなどいろいろ食べましたが、中でもうまいと思ったのが「いなり寿司」と「ラッキョウ」でした。元々大好きということもありますが、お酢の味と甘さが疲れた体に合ったのかもしれません。

18_20150127232141d1a.jpg
<まいどエイドではみんな右側に>

19_2015012723214353b.jpg 20_20150127232145f8e.jpg 21_201501272329313a2.jpg
<いなり、たこ焼き、ラッキョウ>

最後の2,3キロはハイタッチをする元気もなくなってきて、残る力を振り絞って走り、ゴールすることができました。
タイムはネットタイム(号砲からではなく、スタート位置からゴールまで)で4時間59分でした。

目標の4時間から遠かったですが、その分多くの沿道の方とコミュニケーションができて、とても楽しく幸せを感じたランニングでした。
これも、約1万人のボランティアの方、そして130万人(公式発表)の応援の方のおかげです。ありがとうございました。

22_20150127232932b25.jpg
<完走メダルをもらいました>

実はこの翌週に10数年ぶりにインフルエンザにかかり、その後も咳が止まらないなど、3週間ぐらい不調でした。マラソンでいかに免疫力を低下させたか、よく分かりました(笑)
スポンサーサイト
上越市牧区の商工会で健康セミナー開催 | ホーム | 大阪の長居公園で「第2回 公園でからだにいいことDAY」イベントを開催

コメント

コメントの投稿


管理者だけに表示を許可する
 

トラックバック

// : |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。