プロフィール

からこと

Author:からこと
『からだにいいこと』は全国の書店で、毎月16日(近畿・東海は15日)に好評発売中!ダイエット・健康の情報をはじめ、編集部が最近気になっていることを気ままにレポートします!
http://www.shodensha.co.jp/karakoto/

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京から長野善光寺までの自転車紀行(東京~川越~高崎~軽井沢~佐久~上田~長野)

こんにちは。山下亮です。
7月19日、20日の週末に、東京から長野市の善光寺まで自転車で行ったときのことを書きます。久しぶりのロングサイクリングです。

なぜ長野市かというと、以前から善光寺に行きたい、友人のいる善光寺門前の「すや亀」という味噌やさんを一度訪ねたいと思っていたからです。

■1日目

いよいよ出発の日が来ました。数時間寝て、土曜日の夜中1時頃に起きます。こういう時はすぐに目覚めます。雨模様ですが、躊躇なく決行です。ただ、全ての荷物をジプロックのような袋にパックして、リュックに入れます。

2時に家から出発です。
真っ暗で通りを歩いている人はいません。弱い雨なので、ほどよく涼しく走りやすいです。幹線道路に出ると、車が走っていますが多くはないので道路の路肩は走りやすいです。

甲州街道から環状八号線を北に向かいます。
しばらく走ると左に曲がり、川越街道に入ります。埼玉に入ってしばらくすると古い街道らしく杉並木があったりします。

1_20141015071255ec4.jpg
<川越街道の石碑>

しばらく行くと、川越氷川神社という看板が見えます。ちょっとお参りしようと思い、寄り道します。
自転車を置いて、何気なく境内に入って行くと、朝方の4時前だというのに、小雨の降る中を社務所の軒下に人が並んでいて、ビクっとしました。20人ぐらいいて、その先頭の方に聞いてみると、朝の8時から渡される、縁結びに効く石を受け取るために並んでいるとのことでした。毎朝先着20名だそうです。毎朝、継続して授けているというのが、神社の信念を感じるようで、素敵なサービスだなと思いました。

2_2014101507125690e.jpg
<川越氷川神社>

4時が過ぎて、お腹がすいてきました。道沿いで空いている店は、コンビニとすき家ばかり。山と畑に囲まれたファミリーマートで小休止。スパゲティなどを買って、店の前で食べます。店の入口の上にツバメの巣があり、子ツバメが5羽ぐらいピーピー言って、親ツバメが子ツバメに盛んに餌を運んでいます。

3_20141015071257e3c.jpg
<ツバメの巣>

そして、荒川を渡ることには夜も明けて明るくなってきました。しばらく行くと、大きな「ガリガリ君」が。見るからに新しい赤城乳業の工場でした。ガリガリ君のかわいいキャラの裏側には、最新設備を誇る工場が。後でHPを見たところ工場見学をほぼ毎日しているようです。そのオープンなサービスを含めて恐るべき会社です。

4_20141015071252ab7.jpg
<荒川>

5_20141015071254171.jpg
<赤城乳業>

高崎市に入り、中仙道に入りました。家を出て100kmぐらいです。
高崎市街を過ぎて、中仙道を西に向かうと、縁起ものの「だるま」で有名な少林山達磨寺が。長い石段を上がり、鐘を鳴らして、お参りします。

8_20141015073748fa5.jpg 9_2014101507133500e.jpg 10_201410150713380ed.jpg
<少林山達磨寺>

そこからは軽井沢方面を目指し、西へ西へ。朝食からは6時間ぐらいが経ち、お腹がすいてきました。この先にオギノヤという「峠の釜めし」という名物の店があるのを知りつつも、あまりの空腹に、たまらず道沿いの「山田うどん」(埼玉界隈では有名なうどんのチェーン店)へ。炭水化物たっぷりのツーリング中にはもってこいの食事です。

11_20141015073748c69.jpg
<山田うどん>

腹ごしらえをしてしばらく走ると、横川のオギノヤへ。家族づれやバスの団体客のお客さんで賑わっており、釜めしやお菓子などをどんどん買っていきます。私もチョコレートのソフトクリームを食べます。オギノヤの少し先には、「碓氷峠鉄道文化むら」という展示施設がありました。かつて軽井沢に向けて、急坂を登るアプト式鉄道があったことの跡地を、長野新幹線の開業とともに廃線になり、遺跡を整備して残しているものです。

13_20141015071405645.jpg
<碓氷峠鉄道文化むら>

ここからは、標高960メートルの碓氷峠に向けて長い坂が始まります。本日最大の山場なので、気合いを入れて登ります。途中には、綺麗な鉄道遺跡があります。途中で休憩しつつも、180以上のカーブを経て、峠の頂上へ。その少し先は軽井沢です。

14_20141015071400ba8.jpg
<鉄道橋の遺跡>

15_20141015071400195.jpg
<碓氷峠の頂上>

16_201410150714245b7.jpg
<軽井沢駅前>

そこからは、宿泊予定のネットカフェがある佐久平に向けて自転車を走らせます。
道は下りぎみなので、走るのは楽なのですが、どんどん雲が迫ってきて、激しい雷雨になってきました。佐久市に入ったら、道路は川のようになっているし、雷も恐ろしかったのですが、ずぶぬれで自転車を走らせて、15時すぎには目安をつけていたネットカフェにたどり着きました。走った距離は約190km、左脚の膝と、股がかなり痛くなり、だいぶん疲れたので1日目が終了です。

シャワーを浴びて服を洗い、狭いながらも自分のスペースでくつろぎます。
テレビを見たり、食事をしたり、うたたねをしながらくつろぎ、22時頃には寝ました。

■2日目

翌日曜日、朝5時頃に起きて出発です。
新幹線の佐久平駅前を通り、上田に行きます。
上田といえば「真田幸村」らの武将で有名なのですが、再来年の2016年の大河ドラマの主人公が真田幸村が決まったということで、上田駅などでは大きなたれ幕で盛り上げていました。

18_20141015071427266.jpg
<上田駅前の真田幸村像>

19_201410150714217a0.jpg
<上田城址内の真田神社>

さらに、千曲川に沿って長野市に向かいます。長野県らしくどちらを向いても山が見えます。

20_2014101507142233d.jpg
<千曲川と山々>

そのまま長野市に入ると時間が早いので、できたら寄りたいと思っていた松代市に行きます。そこでは、真田宝物館を見て、加賀井温泉でゆっくり湯につかりました。
市の中心部には、古い武家屋敷などが整備されて残されており、歴史の街として、見どころがたくさんあり、寄り道するところとして、とてもよかったです。
その後、かつて武田信玄と上杉謙信が戦った川中島の古戦場を見て、善光寺門前に向かいます。

21_2014101507144554c.jpg
<川中島の古戦場跡>

長野市内の善光寺の門前で味噌の製造・販売をしている「すや亀(すやかめ)」に到着しました。

22.jpg
<すや亀に到着>

社長の青木さんが出てきてくださいました。青木さんはかつて自転車で全国の都道府県を回ったことがあるとのことで、新聞に載った記事を見せてくださいました。自転車の大先達がここにいらっしゃったとは。

ほどなく『からだにいいこと』の味噌企画で知り合っていろいろお世話になっている営業の村田さんが来ました。お店では、冷たいうどんの定食と「みそソフトクリーム」をご馳走なりました。「みそソフトクリーム」は、ほどよく塩気の効いた甘みがほどよくマッチしていて、疲れた体にしみわたりました。

24.jpg
<村田さんと私>

銭湯に行き、ゆっくりと疲れを癒やし、善光寺にお参りに行きました。
さすがは全国的名刹、スケールが大きなお寺です。門前にはたくさんのお店があり、名物の七味唐辛子の八幡屋礒五郎(やわたやいそごろう)で買い物をしたり、お参りと散策を楽しみました。

25.jpg 26.jpg
<善光寺>

夕方になり、すや亀の前で別れてJR長野駅に向かいました。
そこで自転車のタイヤを外して袋に入れて、長野新幹線に乗って東京に戻りました。

夏にどこかに行きたいなと思って、実現した長野行きの自転車旅。初めて行く土地で、気ままに見たり、聞いたり、食べたりと、思った以上に楽しく、発見が多かった自転車旅でした。
スポンサーサイト
第2回「ぱぱす健康フェア」を秋晴れのもとで開催 | ホーム | 両国から浅草までスロージョギング

コメント

コメントの投稿


管理者だけに表示を許可する
 

トラックバック

// : |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。