プロフィール

からこと

Author:からこと
『からだにいいこと』は全国の書店で、毎月16日(近畿・東海は15日)に好評発売中!ダイエット・健康の情報をはじめ、編集部が最近気になっていることを気ままにレポートします!
http://www.shodensha.co.jp/karakoto/

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキーに行ってきました

こんにちは。山下亮です。
3月3日にスキー行ってきました。
年が明けてからずっと行きたいと思っていたのですが、このままでは春になってしまうので行かねばということで、ひとりで行くことにしました。

行き先は八方尾根スキー場です。好きなスキー場ということもあるのですが、家から比較的近い中央高速のバス乗り場から直接スキ―場までバスが走っているからです。

2日(土)の夜11時ごろに、スキー板とブーツとウェアを大きなバッグに入れて、背中にかついで自転車に乗って出発です。

スキー道具をかついで自転車に
<スキー道具を担いで自転車に>

重い荷物を肩に食い込ませながら20分ほど走り、高速道路の下に自転車を置いて、高速道路上のバス乗り場へ。高速道路を走る車を見ながら15分ぐらい待つとバスが来ました。朝からのスキーにそなえてさっそく寝ます。

高速道路のバス停
<高速道路のバス停>

途中2カ所ほどサービスエリアにとまりながら、順調に進みます。朝6時ごろにふと目覚めると、高速道路は降りていて、窓の外には雪が積もった田園があり、その向こうには雪をかぶった北アルプルの山々が屏風のように連なって見えます。

車窓から見える山々
<車窓から見える山々>

ほどなく白馬八方のバスターミナルに到着。このバスターミナルはバスで遠方から来たスキー客が使いやすいようになっていて、広い更衣室と大きなロッカーがあります。

白馬八方スキー場に到着
<白馬八方スキー場に到着>

早速、スキーウェアに着替えて、荷物はロッカーに入れて、出発です。リフト乗り場までは循環バスもあるのですが、1キロぐらいだしリフトが動きだす8時まで少し時間があるので、板をかついで歩いていくことにします。

リフト乗り場に到着すると、まだ動いていませんでしたが、朝いちから滑ろうという人が30メートルぐらい並んでいます。
天気は良く、でも気温はマイナスというスキー日和です。

リフトが動くのを待つ人たち
<リフトが動くの待つ人たち>

しばらく滑ると、一番上のリフトまで動きだしたので、ゴンドラで上に行きます。山の天気は変わりやすく、ゴンドラは薄い雲の中を登っていきますが、数百メートル上の降り場についたら雲を抜けています。山頂のほうは、さらに雪が深く、その向こうは真っ青な空です。

ゴンドラからの風景
<ゴンドラからの風景>

リフト最上部
<リフト最上部から見た山頂>

途中で、安倍川餅とコーヒーで休憩した以外は休憩せずに、リフト上で休みながら滑り続けました。

スキー場
<広々したコース>

阿部川餅とコーヒー
<阿部川餅とコーヒー>

ほどよく疲れたので13時に終了。また、歩いてバスターミナルへ。
途中に大きな杉に囲まれた素敵な神社がありました。八方にはこれまで5回ぐらい行ったことがあったのですが、初めて気づきました。ブーツなので、石段で滑らないように注意しながらお参りを。

諏訪神社
<諏訪神社>

バスターミナルで着替えて、近くの温泉でゆっくりと。

白馬八方温泉
<白馬八方温泉>

ラーメンを食べて、15時に出発するバスに乗って東京へ。
ふたたび車窓から雪景色を眺めたり、寝たり、本を読んだりしながら6時間ほどの時間をゆっくり過ごしました。
スキーを堪能するとともに、雪山の美しい景色と温泉に癒やされた1日でした。
スポンサーサイト
2013板橋cityマラソンを走りました | ホーム | 第47回青梅マラソンを走りました

コメント

コメントの投稿


管理者だけに表示を許可する
 

トラックバック

// : |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。