プロフィール

からこと

Author:からこと
『からだにいいこと』は全国の書店で、毎月16日(近畿・東海は15日)に好評発売中!ダイエット・健康の情報をはじめ、編集部が最近気になっていることを気ままにレポートします!
http://www.shodensha.co.jp/karakoto/

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京マラソン2015を走ってきました

こんにちは。山下亮です。
2月22日(日)に東京マラソンを走ってきました。大阪に続いて抽選で当たったので参加です。
東京マラソンといえば、規模の大きさや、普段走れない東京のメインストリートを走れるという魅力が売りですが、当日の朝思ったのは家から思いっきり近いのです。しかも、たまたまスタート位置が京王線に近いところだったので、新宿駅の手前の初台駅が最寄り駅で、人が多い新宿駅を通らなくていいのはラッキーでした。

初台駅を出たところで、簡単に着替えて荷物をまとめて、小雨が降る中をスタート地点に向かいます。ところが、そこからが大変でした。テロ対策のため、一人一人の金属探知機と荷物検査をしており、すごい行列です。何か所かのゲートで3万人以上の人を短時間でチェックするので混雑はやむなしですが、余裕をもって来たはずが、スタート時間がせまってきます。30分ぐらい並んでようやくチェックを受けたら、荷物をトラックに預けます。

1_20150526235834a7f.jpg
<検査のための行列>

3_201505262358380cb.jpg
<ゼッケン番号で指定されたトラックに荷物預け>

すでにスタート地点に並ぶ時間でしたが、トイレには行っておかねばと行ったところ、こちらも長蛇の列。しかも、後で気づいたのですが、ちゃんと誘導がされておらず、奥のほうはたくさん空いているのに、手前にみんなが並ぶ状態で混乱していました。おそらく急きょのテロ対策に人がとられて、トイレ誘導は人手不足だったのだろうなと思いました。

スタートエリア(ゼッケンの最初の記号Eがスタートエリアです)の到着はちょっと遅れましたが、そんな人が続出なので、無事に入れてもらえました。
(※時間に遅れたら、最後尾からスタートということになっている)

4_201505262358388f9.jpg
<スタートエリア>

8時40分から開会式です。スタートゲートは何100mも先で、途中で曲がっているので見えませんが、モニターを通して見ることができ、スピーカーからは声がよく聞こえます。男性合唱団による国歌斉唱があり、舛添都知事の挨拶です。流暢な英語でも挨拶していて、さすがだなと思いました。

さあ、9時になりスタートです。少しすると徐々に進み始めます。角を曲がり、都庁前のスタート地点が見えてきます。スタートゲートを越えたのは、ピストルから8分後ぐらいでした。思っていたよりも早かったです。まずは新宿の街を走ります。人数が多いですが、道幅も広いので走りやすいです。

5_201505262358404f2.jpg
<ゆっくり進んで都庁前に>

6_2015052623592782c.jpg
<スタート地点。舛添さんも手を振っています>

7_20150526235928673.jpg
<新宿西口から東に向かいます>

会社のある神保町の近くを通り、日比谷通りを品川方面へ。途中ではいろんなところで、ダンスや音楽などで応援してくれています。ランナーよりも沿道の人気を集めているグループもあります。

9_20150526235930f9f.jpg
<芝公園で踊るダンサーたち。寒さをものともしてません(トイレに並びながら撮る)>

10_2015052623593105e.jpg
<品川の折り返し地点。ハトバスもルートづくりに協力>

11_2015052623593381c.jpg
<4時間30分のペースランナーを発見>

品川の折り返しからしばらくの20キロ前後のところは、一番快調に走れたところです。沿道には絶え間なく応援の方がいて、手を出してくれる人には「ありがとう」とハイタッチをし続けます。

12_20150526235951794.jpg
<東京タワー>

銀座から浅草に向かいます。

13_20150526235953938.jpg
<銀座中央通り>

14_20150526235954935.jpg
<新日本橋駅近くの給水所>

15_201505262359567df.jpg
<スカイツリーの上のほうは雲の中>

16_2015052623595764d.jpg
<浅草寺の雷門>

浅草寺を越えたあたりで30キロ。脚が重くなってきます。

17_2015052700002566b.jpg
<歌舞伎座>

18_20150527000026d20.jpg
<築地本願寺>

この辺で約35キロ。このころになると、ハイタッチをする余裕も、沿道の声に応える余裕もなくなり、なんとか歩かないようにと脚を進め続けます。いつも、これぐらいの距離で、「なんでこんなきついことをしているのだろう」と自問してしまいます。登りがきつい大きな橋を渡ると、豊洲のマンション群が見えてきました。

19_20150527000028928.jpg
<豊洲の巨大マンション>

あと2キロです。遠くにゴール地点のビッグサイトが見えてきました。腕を振って、残る力を振り絞ります。そして、応援スタンドに挟まれた最後の直線を走ってゴールです。タイムはネットで4時間10分11秒でした。目標の4時間は切れませんでしたが、脚がつることなく、最後まで走りきれたのはよかったです。

20_20150527000029ceb.jpg
<ゴール直後。疲労しています。>

そこからは、ルートに沿って、飲みものとみかんをいただき、完走メダルとタオルをかけてもらい、荷物を受け取り、着替えをします。人数が多いので、それぞれのエリアがとにかく広く、次の場所に行くだけでかなり歩くので、疲れきった脚にこたえます。

21_20150527000031092.jpg
<完走メダルとタオル>

22_20150527000043eaa.jpg
<広い荷物受け取りエリア>

着替えた後が食事エリアだったので、軽く食べてから駅に向かいました。

24_201505270000456e9.jpg
<駅までの道も人がいっぱい>

東京マラソンは、とにかく巨大なマラソン大会でした。前々日にゼッケンなどをもらうためにビッグサイトに行ったのですが、そこでも企業の巨大ブースや小さなブースが所狭しと並んでいて、完全に巨大な展示会でした。その中に伊豆大島のブースもあったので、嬉しくなっておせんべいを買いました。

走っていて、東京の名所が次々と出てくるのも素晴らしかったですが、一番心に残るのは、安全のために沿道に並んだり、給水や給食、荷物預け、参加賞渡しなどのスタッフをしてくれたボランティアの方々と、応援してくださる方々です。
スタッフの方は、参加者が多いだけに、準備や片づけも大変だっただろうと思います。みなさん笑顔で応援もしてくださって、本当にありがたいです。

マラソンって、1人では(私の場合)半分ぐらいしか走れないのに、応援してくれる人がいて、スタッフの人がいて、一緒に走る人がいると、がんばれて走り切れてしまうスポーツだなと思いました。1人1人のようだけど、みんながいるから力を発揮できるのがおもしろいと、あらためて思いました。

追記 このあと3月15日に茨城県で開催された「古河はなももマラソン」で、3時間58分48秒(ネットタイム)で走ることができました。最初のレース(青梅マラソン30キロ)から3年、フルマラソン7回目でのサブ4(4時間を切ること)です。健康のためと言いつつも目標だったので、呪縛から解放されました。これからは、マラソンに加えて、トレラン、ウルトラマラソン(フルマラソンより長い距離のレース)なども合わせて、チャレンジしていきたいと思います。
スポンサーサイト
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。