プロフィール

からこと

Author:からこと
『からだにいいこと』は全国の書店で、毎月16日(近畿・東海は15日)に好評発売中!ダイエット・健康の情報をはじめ、編集部が最近気になっていることを気ままにレポートします!
http://www.shodensha.co.jp/karakoto/

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“からだにいい”八丈島旅行

こんにちは、編集部けんもつです。
少し前になりますが、癒やされた~い!と思い立ち、都会を脱出し、2泊3日で初めて八丈島に行ってきました。
行ったことがある方はご存知と思いますが、八丈島は伊豆諸島にある島で、住所は東京都。島というと、遠くて時間がかかりそう…と思いますが、小笠原諸島よりも手前。とても近くて、羽田から飛行機で55分で着いてしまうのです。

伊豆諸島は、台風のイメージがあって天気が変わりやすいのかなと思っていましたが、雲はあったものの3日とも晴れて旅行日和に。八丈島空港を降りると薄紫のフリージアが花壇いっぱいに咲いていました。
フリージア
都心では見られませんが、真っ赤なハイビスカスも!
ハイビスカス
一番癒やされたのが、空港からレンタカーで20分、海のそばまで行くとある「足湯きらめき」。
小高い場所から太平洋を眺めながら、足湯が楽しめるスポットです。地元の小さいクネクネ道を通らないといけなくて、ここまでたどりつくのに1時間くらい迷ってしまいました…。到着すると目の前に広がる海にテンションアップ~やっほー(。>ω<。)ノ
足湯02
このように屋根がついています。
足湯04
目の前に広がる大きくてキレイな海。涼しい風、静かな音。東京を離れてまだ半日もたっていないのに、すっかり心が癒されました~♡
湯加減はというと、けっこう熱い!時々アチチチチと言いながら、出たり入ったり…。泉質はナトリウム(塩化物温泉)で、関節のこわばりや慢性消化器病、冷え性、疲労回復に効果があるそう。ふと、目の前にある石が敷き詰められたスペースを歩いて見たら…
足湯01
今度はイテテテテ…。
足裏が刺激されて激痛!足裏って体の調子が現れるって言いますよね。こんなところでも疲れを実感しました。でも、血行がよくなってじんわり温まり、脚のむくみもスッキリ!脚がひと回り細くなりました。全身ぽかぽかになり冷えも改善。
八丈島には温泉がたくさんあり、島内に7カ所あるそうです。最終日も海が見える別の温泉に行き、日頃の肩こり・首こりを癒やしました。

次にご紹介したいのは八丈島グルメ。八丈島は明日葉が有名です。都心のスーパーでは出会うことが少なく、名前は聞いたことがあるけど、どんなもの?と思っていましたが、初めて食べてこれにハマってしまいました。
まずおひたし。ほんのり青菜のクセがあるのですが、シャキシャキしておいしいんです。2泊3日の間で、ほぼ毎日食べました。
明日葉おひたし
明日葉のてんぷら付きざるそばを食べて…
明日葉ざるそば
そして、古民家カフェで食べたのが明日葉スコーン。
明日葉スコーン
3日目の温泉の後、風呂上りに明日葉茶を一気飲み!
明日葉茶
と、明日葉、明日葉、明日葉…三昧。うまい! 八丈島では、明日葉は庭に生えているというほど、どんどん育つらしいのですが、なぜ都心のスーパーには売ってないんでしょう?日持ちしないんでしょうか?

そしてこの明日葉。デトックス効果がすごいんです!
調べたところ、明日葉に含まれる食物繊維はにんじんやホウレンソウの2倍。カリウムも多く、利尿作用が高く体の中の余分な水分や老廃物を排出してくれるそうです。そういえば旅行中、ずっとトイレが近かったな~と、帰りに気づきました。特に明日葉茶を飲んだ後は、トイレ(小)が止まりません。旅行に行くと食べすぎたり、環境の変化で腸の調子が悪くなるといいますが、便秘になることもなくスッキリ。糖尿や高血圧にも効果があるそうですよ。青汁などの健康食品にも必ず入っているほど栄養価が高いのです。東京に戻ってきてから一度も明日葉を見ていないので、もし売っているところをご存じの方がいらっしゃいましたら教えて欲しいですヽ(´∀`)ノ

疲れがたまってダル重だった体が、栄養満点の明日葉料理のおかげでシャキッと回復。豊かな自然と海に心もリラックスできました。都心から近くてすぐに旅行気分を味わえるのが八丈島のいいところ。すっかり”からだにいい”旅を満喫できました。

毎日忙しさに追われていると、旅行なんてムリ~、行く時間ないよ~(T_T)と思ってしまいますよね。たまにはみなさんも仕事や家事をおやすみして、自分を甘やかして、近場の旅に行ってみては。関東圏にお住まいの方なら週末旅も可能。八丈島オススメです! 

編集部 けんもつ
スポンサーサイト

からことセミナー「血流アップで美しく健康に!」7月3日開催します

編集部の奥谷です。

7月号「血流UPカッピング」がおかげさまで大好評! 「カッピングだけ購入したい」といったお問い合わせも
編集部に多数いただきました。残念ながらカッピングだけの販売はしていないのです・・・あしからずご了承ください。

カッピングで、「血流」の大切さに目覚めた方も多かったよう。
実はこれから、汗をかいて水分不足になる季節は血液ドロドロ、血流が悪くなりがちです。
血液は栄養や酸素を全身に運んでくれるもの。その流れが滞ると、全身にきちんと栄養や新しい酸素が行きわたらず、
新陳代謝が低下してしまうことに。

実は血液ドロドロによる新陳代謝の低下はお肌にとっても大敵なんです。
紫外線によってできたメラニンも排出しにくくなったり…ということは、どんなに日傘やUVクリームで紫外線を防いでも、
血流が低下していたらシミができやすくなるというコト!

そんな美やと血流との関係を深く知り、血流アップ生活を手軽に始められるイベントセミナーを開催します。

からだにいいことセミナー「血流アップで美しく健康に!」

血管にダイレクトに働きかけてお顔の血流を即アップさせる「静脈マッサージ」(皮膚科医・津田攝子先生考案)や、
血液サラサラ効果が注目されるナットウキナーゼのすべてがわかるセミナー、そして
からだにいいこと世代の美女専門家チーム3名による、「今日からすぐできる血流アップテク」トークショーも見逃せません!

また、当日は、自分の血液サラサラ度がわかる「血流測定会」や、「ミストサウナ」の体験会も同時開催します。
ミストサウナはなんと、日本温泉気候物理医学会で、“頭皮への血流アップ効果”が発表されているんです。
入浴後にどっと血行がよくなりその後はあまり変化のない全身浴と比べて、ミストサウナ浴はおだやかに血流量が上昇し続けるため、血圧の変化などが小さく体への負担が少ないのだとか。
こちらも気になりますねー。

■日時
7月3日(日) 13時〰16時


■場所
東京ガス新宿ショールーム
東京都新宿区西新宿3-7-13 新宿パークタワー1F

http://home.tokyo-gas.co.jp/showroom/tss/access/

入場無料、血流とココロをアップする豪華おみやげつきです!

■第1部 13時〰14時
セミナー1 「静脈マッサージでお顔はグングン若返る!」 講師:津田攝子先生(皮膚科医)
セミナー2 「夏こそ血液サラサラ ナットウキナーゼの力」 講師:大西克典様(株式会社日本生物.科学研究所)
■第2部 14時15分〰15時
トークショー 「血流アップでいつまでも若く美しく!」 出演:パーリィテラスアイコンチーム、からだにいいこと編集部

※セミナー終了後、16時まで「血流測定会」「ミストサウナ体験会」同時開催
※ご家族やお子様同伴も可



参加ご希望の方は、下記フェイスブックのイベントページから「参加する」を押してください。
先着100名となりますので、どうぞお早目に!
https://www.facebook.com/events/776787679116788/

この夏、からだにいいことは引き続き「血流」に注目していきたいと思います。

暑くなりはじめは熱中症も起きやすくなる時期。熱中症予防のためにも、水分はしっかりとるようにしてください。






料理本のオリンピックで、日本勢メダル続出!

編集部の宇野です。
今年で20周年を迎える「グルマン世界料理本大賞」をご存知ですか?
この大賞は、1995年に、エドゥアール・コアントロー氏(リキュールで有名なコアントロー家出身)によって設立された、世界唯一の料理本の賞です。

「料理を言葉で表現する」人々へ褒賞と名誉を与え、読者が毎年出版される料理本の中から、一番いいものを探す手助けとなること。そして、それを世界中に広める手助けとなること。こういった目的で始められました。また、飲食文化への知識と敬意を高めることにより、平和を促進するこという目的もあります。

今年(2015年)は205カ国からの参加があり、日本勢では、“ベスト・オブ・ベスト”が1作品、殿堂入りが1作品、グランプリが3作品、第2位が1作品、第3位が3作品という輝かしい結果を残しました。
平たく言えば、料理本のオリンピックで、日本人が金メダルや銀メダルをたくさん取った年だったということです。

IMG_1364 -2
殿堂入りした『日本料理と天皇』(松本栄文/著 エイ出版社)

IMG_1362_20151116215102b13.jpg
ベスト・オブ・ベストの『世界に誇る「国酒」日本酒』
(友田晶子、ギャップ・ジャパン/著 ギャップ・ジャパン)

IMG_1351_20151116215100040.jpg
グランプリを受賞した『身近な10の食材で始める 薬膳ビューティレシピ』
(谷口ももよ/著 講談社)

この『薬膳ビューティレシピ』を著した谷口ももよさんは、『からだにいいこと』でよくレシピを作っていただき、ご紹介させていただいている薬膳料理家さん。
谷口さんの受賞は、『からだにいいこと』としても喜ばしいことです。

11月9日(月)の夕暮れから、その受賞者の方々が集うお祝いの会が催されました。
この日参加された6人の受賞者のスピーチの後、料理本で紹介された料理や日本酒を楽しみながらの交流会。
IMG_1357.jpg IMG_1358_201511162151022ca.jpg

同時に、裏千家のお点前が楽しめたり、穢れを払うために行われる「式包丁」の儀式が披露されるなど、参加者へのおもてなしがいっぱい行われました。
IMG_1366.jpg IMG_1382.jpg

これらの受賞によって、和食文化がさらに世界に羽ばたくことになれば嬉しいこと。
どの本も、日本人として知っておきたい内容のものばかりですから、国内でもこれらの賞がもっと取り上げられると良いのにと思いながら、会場を後にしました。

『骨盤おしりリフレ』で毎日ケア! これが美を保つ秘訣です

編集部の宇野です。家で簡単に骨盤を矯正できる「骨盤おしりリフレ」の発表会に行ってきました。この日は、『からだにいいこと』ブロガーさんや、『からだにいいこと』読者モデルさんと一緒。

最初は、家で簡単に骨盤周りの筋肉をマッサージできるという新商品について教えてもらいました。

1_20150930103315964.jpg

まず、骨盤が、私たちの健康や美容にどんな影響があるかというと―。
骨盤が開いていると、内臓が下に垂れていって内臓下垂を起こし代謝量の低下につながります。骨盤がゆがんでいると体全体がゆがみ、肩こりや腰痛の原因になります。また、骨盤が後ろに倒れていると、重心をとろうとしてお腹ぽっこりになりますし、逆に前に倒れているとお尻が垂れる…といった影響があるそうです。
その影響から、下半身太りや冷え、姿勢の悪さなども起こるわけですね。

では、どうすればいいか…。骨盤を支えているのは筋肉です。まず、固まっている筋肉をほぐして、骨盤の位置を正しく調整すること! だから、骨盤周りの筋肉をマッサージすることが大事になるわけですね。

そこで、美容・整体師の波多野賢也先生が登場!
先生から、美容の面からの骨盤ケアの大切さをお聞きしました。

2_201509301020535c9.jpg

先生のお話で印象に残った言葉。
1)美人の三条件の1つは、姿勢の良さ。それも骨盤がきちんと整って、立っていること。
2)女性の骨盤の中には、子宮が入っているから、妊娠・出産のために開きやすくなっている。
3)骨盤は丸くなっている。それは、お尻を突いた時に、脳へ行く刺激を少なくするため。
4)お腹ぽっこりを直したいなら、骨盤をケアするしかない。

実際に骨盤ケアをすると、人の体はこんなに変わるということをブロガーさんにモデルになっていただき、先生の施術で見せていただきました。

3_20150930102054f3d.jpg

その結果は!
先生の施術前は、うつぶせで寝た両足がダランと広がっていたのに、両足が揃っています!
たった数分の施術なのに、両足の長さが揃っただけでなく、骨盤が締まったのでヒップがキュッと上がり、ウエストが締まっています。すごい!

4_20150930102056129.jpg

次に、別のブロガーさんに、「骨盤おしりリフレ」を3分間だけ試してもらいました。
その結果も!
波多野先生に施術していただいたのと変わらず、骨盤がしっかり整いました!
たった3分、「骨盤おしりリフレ」を巻いただけなのにすごい!

5_20150930103317a7d.jpg

家にいながらにして、人気の美容・整体師の先生に施術してもらったのと同じ効果があるのが!

そこで、全員でお試しさせてもらいました!
まずは「もみほぐしコース」から。
10分間で自動的にストップするそうです。

体験中は、先生から骨盤ケアについてのお話が続きます。
「女性が一番気にしているのは、下腹が出てくることですね。
これは、骨盤が開くと内臓や子宮がどんどん下がっていくからです。
下腹のぽっこりを直したいなら、骨盤を立ててから締めてやるしかないのです」

6_20150930103317369.jpg

肩こり腰痛がひどく、「たまにマッサージに行っても深層の部分が固くなっていて強く押してもらわないと効いた感じがしない」という読者モデルの大竹由紀子さんは、「この『骨盤おしりリフレ』は、圧のかかり方が思っていたよりも強力で『これはすごい!』と思いました」という感想を。

次に「締め付けコース」を体験です。
お腹がキューッと締まるのは、腹筋をしているのと同じ効果があるそうためだとか。

7_201509301021466cf.jpg

また、体験していくうちにポカポカ温かくなってきました。
これは体幹が燃えて、基礎代謝が上がっているからだそうです。

大竹さんは、
「所詮機械だしと、実はあまり期待していなかったんです。でも、12個のエアーバックが骨盤全般を支え、人がマッサージしたような感覚を体感。骨盤全体のホールド感とじんわりじんわり、ギューっと押される感覚はいままでのマッサージ機では味わったことがありません。しっかり締め付けられるけど痛くなく、内部にきいていて心地いいですね」

最後に、波多野先生は「骨盤は1日の間に開いたり締まったりしているので、これを毎日続けることです」と。
では、いつ使うのが一番いいかというと「朝がいいですね。朝、骨盤を一番いい状態にして、そこから活動を始めることです。次にいいのは、お風呂の前です。『骨盤おしりリフレ』で代謝を上げてからお風呂に入ると、代謝がさらに上がるからです」

体感後、読者ブロガーさんや読者モデルさんたちから「ズボンがゆるくなった!」という声があがりました。
でも、人の体は日々加齢を重ねています。骨盤も開いたり締まったり…。だから、「毎日『骨盤おしりリフレ』でケアしなくちゃね」

それが美を保つ秘訣なのですね。

オーガニック料理ソムリエ講座に参加しました

こんにちは。山下亮です。
7月に日本オーガニックライフ協会が実施している、オーガニック料理ソムリエの認定講座に行ってきました。

からだにいいこと編集部では、今年の1月に「おうちで乾物イタリアン」という本を作りました。私はその本づくりのコーディネートをしたのですが、その過程で乾物がとても健康的で便利な食材かを実感しました。
それまでは、自分で料理は多少するものの、乾物はなんとなく手間がかかるという印象があり、使ったことはほとんど無かったのですが、一度使ってみると、調理前に水につけておくだけで使えるとか、案外簡単に使えることを実感したのです。
そして、山のものと海のものを、天然の状態を活かして乾燥などをすることで、日持ちして、いつでも少しずつ使える、そして何より添加物を使わないので安心で、素材の味や食べ応えが存分に活かされる素晴らしい食材だと気づいたのです。また、乾物は和食の雰囲気がしていたのですが、実際は素材に味付けがされているわけではないので、イタリアンなどでもおいしく使えるのです。

そんなことで、『からだにいいこと』をしていながら、自分の食における無知を知り、乾物をできるだけ使ってみようと思っていたところで、以前にイベントを一緒にしたことがある、はりまや佳子さんからオーガニック料理の講座をやっていることを教えてもらい、これはタイミングと思い、もっと食と健康について知ろう、受講の申し込みをしました。

この講座では、オーガニックの考え方、歴史、そして食材の選び方や使い方を学びます。最後に認定試験を受けて、オーガニック料理ソムリエの認定資格がもらえるというものです。朝の10時から18時までで1日で完了するところはよいところです。

朝10時に、東京・銀座の会場の「キレイ料理レストランG&V」に行きました。

1_20150829091037c0e.jpg 2_201508290910385c6.jpg
<会場のレストラン> <オーガニック食材もいろいろあります>

このときは、私以外は女性ばかりで、20代から私と同じぐらいの年代の方がいます。友人と来ている方もいますが、ほとんどは一人でいらっしゃっています。来ている動機も、よりオーガニックな食材を使ったら体によさそうなので、もっとよく知って日々の生活に役立てたいという方、食の仕事に関わる方、ハーブなどオーガニック食に近い仕事をしている方などいろいろです。

10時になって講座が始まりました。最初は、はりまや佳子先生がテキストに沿って話をしてくださいます。はりまや先生自身が、アメリカでパートナーのためにからだにいい食材を求めていったときのことなど、体験の話も交えてとてもおもしろいです。
食材や料理の話の前に、オーガニックの歴史や有機農業、オーガニック認証などの知識を分かりやすく説明してくれます。オーガニックの言葉は知っていても、その意味はよく知らなかったので、世界や日本の中で、オーガニックが注目されたり、普及していく中でこのような流れがあったのだと知ります。

3_20150829091039980.jpg
<テキストを使って勉強>

続いて、オーガニック料理についてです。食材や調味料、調理器具などについて知るとともに、オーガニック食材とそうでない食材の違いを実験で知ったり、包丁を使って切ってみたりします。

4_20150829091041e4c.jpg
<野菜を切ってみる>

次にレシピを考える時間です。季節と旬を考えながら、どの食材をどの調理方法によって、おいしくて健康によくてバラエティのあるレシピを考えます。レシピを考えるというのは難しいことのように思っていましたが、基本的な考え方をすれば結構シンプルなのだなと思いました。

5_20150829091042593.jpg
<グループでレシピを考える>

さらに、オーガニック野菜と栄養についてです。東洋医学的な考え方を中心にして、中国や日本の伝統的な医薬同源、食育などの流れや、世界の傾向について学びます。日本では、和食という食材を活かしてきた長い歴史があるので、食材の安全などについても、先進的ではないにしても、遅れてはいないと思っていたのですが、欧米と比べるとまだまだ普及していないことを知ります。

また、有機農法をはじめとするオーガニック食材の生産は、農産物を育む土や水、大地の環境にもつながる、ダイナミックな世界で、それを支えるのが、健康で安全な食を求める我々生活者の行動なのだなと思います。

最後に認定試験を受けました。これはここまでの話をしっかり聞いていれば、できる内容でした。(後日、合格のお知らせと認定証をいただきました)

6_2015082909105698a.jpg
<はりまや先生(前列左から2人目)と参加したみなさん>

最近、ファーマーズマーケットや、スーパー、道の駅などで生産者の顔が見える農産物などを売る店が増えていますが、そのようなところで野菜を見る目が変わりそうです。野菜作りにおける工夫やそそぐ愛情を想像したり、活き活きした野菜はどんな顔をしているかなど、野菜を見て、選んで、食べる楽しみができました。

今回の受講で学んだことで、より食に興味が湧きましたので、実際に作って食べる機会を増やしていこうと思います。
また、次は食材を作っている現場を体験したり話を聞くことで、多くの発見があるのだろうなと思います。この講座では、そのような機会もこれから提供してくださるようなので、また行きたいと思いました。
食について、個人的にも、『からだにいいこと』の展開を考えるにも、多くの気づきを得た1日でした。

オーガニック料理ソムリエの認定講座のHPはこちら
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。